皮膚科 スキンケア

皮膚科のドクターが開発したスキンケア

ニキビ肌になやんでいるのであれば、皮膚科に相談してみるのもよいです。
皮膚科のクリニックでは、ホルモン療法によってニキビ肌に対処していくこともできます。

 

しかし、皮膚科まで通うことが難しいときには、こういった皮膚科のドクターが考案しているスキンケア化粧品を使用してみるというのも良いでしょう。今まで、数多くのニキビ肌の患者さんを治療してきた実績のあるドクターなら、そのドクターが作ったスキンケア化粧品も信頼してつかうことができます。

 

皮膚科のドクターが考案したスキンケア化粧品は、ニキビができてしまうメカニズムともしっかりと向き合ってつくられています。

 

ニキビの原因にはいろいろなものがありますが、そのなかでも、ストレスはとても大きな意味をもっています。
ストレスにさらされてしまうと、男性ホルモンの分泌が多くなってしまいます。

 

男性ホルモンが多くなると、それに伴って皮脂もたくさん分泌されるようになってしまいます。
すると、その皮脂によって、毛穴がふさがれていってしまいます。
そんなときに、ニキビ肌の治療として女性ホルモンを投入すると、過剰だった男性ホルモンと結合して、毛穴が開いて行ってくれるのです。

 

ですから、毛穴の中につまってしまったアブラも洗浄しやすくなります。
毛穴が閉じたままだと、皮脂はどんどん固まってしまって、アクネ菌の繁殖しやすい環境になります。

 

そうすれば、とうぜんニキビもどんどん治りにくくなってしまうのです。
こういったメカニズムにもとづいて、皮膚科のクリニックでホルモン療法を受けるのもよいですし、それができないひとには、自宅でも皮膚科のクリニックでしているようなケアと同じようなケアをしていくこともできます。

 

そんな時に、皮膚科のドクターが開発したスキンケア化粧品がとても役に立ちます。
最近では、インターネットの通信販売でも気軽に購入することができるようになってきたので、クリニックまで行けない人にはとてもおすすめです。