年齢 ニキビの違い

年齢によるニキビの原因とは

顔にできるニキビや、背中にできるニキビ、気になりますよね。
そんな嫌なニキビは年代によって原因が違ってきます。

 

ニキビというと思春期の頃にできるものがよく知られています。
部活を一生懸命頑張っている学生の頬に、赤いニキビがボコボコある、
そんな風景を想像してしまいますよね。

 

中学、高校を卒業するともうニキビを卒業と思いきや、20歳を超えた大人であってもニキビん苦しむ人は大勢います。
20代なんてまだ若い方、30代40代の男性であってもニキビができるのです。
ニキビの原因は、皮脂が毛穴に詰まることから発生するのですが、
その皮脂が必要以上に分泌される時が、ホルモンバランスを崩した時なのです。

 

思春期ニキビ

思春期の若いころは、成長ホルモンの影響によってホルモンバランスを崩しやすく、
ニキビができやすい年代となります。このことを思春期ニキビと呼ぼれます。

 

思春期ニキビは、成長ホルモンが影響するのでなかなか改善や予防することが難しいとされています。
しかし、毎日肌を清潔に保って保湿をしっかり行うことによってニキビを予防することにつながります。
もちろん顔ニキビだけでなく、背中ニキビも同様にいえます。

 

大人ニキビ

そして、大人になってからできるニキビを、大人ニキビといわれます。
成長ホルモンの分泌が終わった大人であってもニキビができるのはなぜ?
それは、日々の生活がホルモンバランスを崩してしまうからです。

 

日々の生活でホルモンバランスを崩してしまう原因というのが、
睡眠不足や食生活の栄養の偏り、人間関係や金銭関係のストレスなど、
こういったことが人間のホルモンバランスを崩して皮脂が過剰に分泌、ニキビができるのです。

 

また、シャンプーや整髪料の刺激や、日焼けや紫外線、喫煙や飲酒、
など大人の事情によって作られるニキビといっても過言ではないでしょう。

 

この大人ニキビを改善するためには、睡眠不足を解消して、栄養ある食事を心がけて、
日々ストレスのない生活をおくる必要があります。
また禁煙や飲酒が趣味な人は、ニキビが治るまで出来る限り避ける事が賢明です。

 

 

また年代によってホルモンバランスが影響してニキビができると述べましたが、
年齢を重ねる度に、肌のターンオーバー(28日の肌の生まれ変わり)が鈍くなっていきます。
30代、40代になるとシミやくすみなどができるは、肌のターンオーバーが行なわれていない為でもあります。

 

顔ニキビや背中ニキビを治したい30代、40代の男性は、
肌を清潔に保って、保湿成分や美容成分を十分に与えて肌を健やか状態にしましょう。
肌が健康であれば、肌のターンオーバーは行なわれて、新しくてきれいな肌が誕生します。