睡眠とニキビ肌

ニキビを治したいなら十分な睡眠を

人は寝ている時に肌が新しく生まれ変わります。
このことを肌のターンオーバーといいます。

 

睡眠不足が続いていると、顔や背中にニキビができることがあるのは、
肌のターンオーバーが行なわれていないため。

 

顔や背中にできるニキビや肌荒れは、皮脂や古い角質が詰まることによってできます。
つまりそれらを排出する為に、新しい肌を作り出さなけらばなりません。
そこで、肌のターンオーバーを促進させるために睡眠が大切になってくるのです。

 

男性だと、仕事の忙しさや人付き合い、趣味、家族サービスなど様々な要因があり
十分な睡眠をとることができないかもしれません。

 

しかし、睡眠は肌の生まれ変わりだけでなく健康においても大変重要ですので、
日々、寝不足気味や疲れが溜まっているならば、しっかりと熟睡する時間をとることが大切です。

 

人は寝ている間に肌が生まれ変わりますが、
その中でも特に肌の生まれ変わりが活発に行なわれる時間帯があります。

 

それが平均して午後22時から午前2時までの間といわれています。
その時間に人間の肌、皮膚の生まれ変わりが活発になり、
新しい肌が誕生する黄金タイムとなりますので、ゴールデンタイムとも呼ばれています。

 

男性が22時から2時までの間に就寝していることは簡単にはできにくかと思われます。
しかし、頻繁に肌が生まれ変わる時間帯ですので、
そのゴールデンタイムに被るように寝ることを心がけましょう。

 

少なくとも睡眠時間が、4時間や5時間ですと肌にとても悪いですので
最低でも6時間以上の睡眠を心がけて下さい。

 

ニキビに悩む人に限って睡眠をあまり意識されていない傾向にありますが、
スキンケアや食生活と同じくらい睡眠も大切です。
睡眠は人間とって心と体を休める大切な時間ですので、
しっかい睡眠時間を確保して、毎日を健康に過ごしましょう。

 

睡眠と同じくらい大切なことは、食生活です。こちらの記事食生活を改善してニキビを治すも合わせて御覧ください。